未完成の歌

先日行われた蒲田でのライブ。
親友《大野天翔》に誘っていただき久しぶりの対バン。

対バンというのは同じ日に何組か一緒にライブに出て、各それぞれに設けられた時間内で自分のライブパフォーマンスを行うものです。

14日のイベントでは当初4組の出演が決まっていたんですが、出演者さんの1組の方が諸事情でキャンセルとなったことで持ち時間が10分ずつ増えました。

そこで僕は2曲追加、その1曲が【シナリオノート】
そしてもう1曲が【to smile】という楽曲にしました。

ライブの前日夜中に天翔に連絡をし、僕のライブの時間内で一緒に一曲だけ演奏して欲しいと伝えたところ快く引き受けてくれたので一緒に演奏することとなりました。

彼とはもう10年ほどの付き合いで、MCでも話しましたが毎月毎月一緒にライブをしていた時期もたくさんあるし、離れていた時期もたくさんありました。

繋がったり、離れたり、そんな関係性も紡ぎのように季節を何度も越えて、年月もそれなりに経ったりもしながら こうしてまた一緒に音楽を奏でることが出来て嬉しく思います。


僕らが共通して変わっていないことは音楽を続けている。
そんなことなんですよね。


この歌は数年前に大野天翔と一緒に歌っていた楽曲で、振り分けパートもなんだか2人で歌うために作られたようにも思います。
というのも、フレーズでは天翔が歌う方が聴き慣れているんです。

大野天翔と歌うことでこの歌が完成なような気がします。




信じて続けていればいつか絶対に叶う。なんてことは簡単に言えないですけど、
信じて続けて、思っていればまた重なり繋がるんだということを音楽が教えてくれました。

みなさんにも、誰でもこうやって繋がれるんです。
誰にでも奇跡は起こせるんです。

この歌の歌詞と、その日の映像をお見せしたいと思います。



———————————————————————————

to smile 詞・曲 KAZU


途中まで書いては何度も消してきた想いは
いつか伝えられる日が来るのかな くればいいな
誰かと笑っている今だって足りない色を探して
歩いている今日もまた色が付いていない

溜まりに溜まった洗濯物も捨てるタイミング逃した空き瓶も
作りかけの歌も消えない傷も全てが愛おしい

Smile すれ違ったままの君に伝えたい
今ならもっと素直に君に伝えられそうだよ
涙を拭いて歩き出せるように
今度作る歌はとびっきり明るいコード鳴らそう


イヤフォンから流れて来る音も目についたレンタル映画も
街の中でふと香る匂いも全部が愛おしい

Smile 無理して笑っても心が痛いよ
簡単に思い出に出来ないくらい思ってた
悲しい過去も笑い飛ばせるくらい
今度作る歌はとびっきり明るいコード鳴らそう

あの星の名前は今でもわからないけど見上げているよ
あの日見つけた花の名前は君が教えてくれた

Smile 瞳を閉じれば今でも浮かぶよ
泣いている顔より笑った君のその顔がね
君の思い出が色褪せぬくらい
今度作る歌はとびっきり 明るいコード鳴らそう

追伸

ファンの方から頂いた写真をいくつか。

2008年

こちらが2008年、川崎でのストリートライブ後。 左 大野天翔(19歳)、右 KAZU(23歳)

そしてこちら

2019

11年でいい感じにおじさんになってるやんやん。

そんなあもーと、今月もう一回ライブがあります!!

チケット予約が全然なくてチケットめちゃくちゃ余ってますので、チケット予約 めちゃくちゃお待ちしてます!!

チケット予約はこちら!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close