アーティストの僕と、もう一人の僕が存在していて どちらも僕自身だから 僕は僕に学ぶこともあるし、刺激を受けることもあるんです。

そして落ち込んで元気が出なくなる時も、心が追いつかない時も、もちろんあるんですけど、それでも僕は僕に支えられながら、支えながらなんとかうまくやっています。

和広とKAZUがいて、こうやって ここで切磋琢磨出来る瞬間があると 時々不思議な気持ちになるんです。

ライバルは自分!なんて 言えば まるで漫画の主人公みたいなんだけど、ほんとそんな風に思うときがあるんです。

僕がいつも考えることは、どうあるべきか。あるべき姿を想像して 物事を考えたり、発言したりするようになりました。

今日は後輩であり、部下であり仲間と話す時間が少しだけありました。

僕が話す言葉を真摯に受け止めてくれる彼を見ていると 僕自身が半端に生きれないなーと背筋が伸びます。

一日も無駄に出来ないと思う気持ちは 彼が入院している病院にお見舞いに行った時に改めて考えました。

多分僕は 彼の光になれているし、光なんだと思う。これは驕りではなく、その力はやっぱり 言葉であり、音楽でもあるんだと思うんです。

僕は相変わらず 言葉の大切さと強さ、音楽が作り出す奇跡みたいな光を信じています。

人との繋がりの中で 紡いでゆく言葉とメロディー。

やっぱり僕はそんな綺麗事を歌いたいのです。

今夜もまた曲作りの続きをします。

作り続けることが僕の光なんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close